SIE examのすすめ

By | 2018年3月18日

SIE examとは

米国の証券業界について知識を深めたいと考えている方は、Securities Industry Essentials Exam(日本語訳:証券業界基礎試験)の学習をおすすめしたい。

Securities Industry Essentials Examの略称は、「SIE exam」もしくは「Essentials exam」。米国の証券業界で働くうえで、最低限必要な知識を問う試験である。

試験の実施主体は、FINRA(Financial Industry Regulatory Authority、日本語訳:金融業界規制機構)という、アメリカの証券業界の自主規制団体(民間団体)である。Series 7(シリーズ7)など、従来からある証券外務員資格の試験も実施している団体である。

2018年10月から実施される。

 

SIE examの受験

米国の証券外務員資格といえば、Series 7(シリーズ7)などが知られているが、こちらはFINRAに登録している銀行や証券会社に登録している従業員や個人事業主でないと受験できない。

こちらの会社に依頼すれば、登録先のスポンサーを用意してくれるらしいが・・・)。

 

しかし、SIE examは、金融業界で働いていない一般の人でも受験できる。

受験料は60ドル(予定)。Series 7と同様に、日本国内のテストセンターでも受験できると思われる。

もちろん、金融業界で働く気はなく、証券に関する知識だけを得たいなら、勉強だけして受験する必要はない。

 

教材

いずれもKindle Unlimitedなら無料で読める。

Pass The SIE: A Plain English Explanation To Help You Pass The Securities Industry Essentials Exam」の方が、説明が平易なので、おすすめ。

いずれも英語の教材なので、英語が苦手な人は、単語や文法を調べながら読むことになると思う。金融の勉強をしながら、英語の勉強もできるので、一石二鳥である。

 

リンク

Securities Industry Essentials Exam | FINRA.org

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *